税務調査の概要と最近の傾向全10本

ID・パスワードをお持ちでない方

視聴には年間定額で400講座以上のWebセミナーが見放題の「Webセミナー定額プラン」がおすすめです。

※単品購入はこちらから(視聴期間3週間)

   テキストがあります 

(テキスト税務調査の概要と最近の傾向.pdf / 13.3MB)

※テキストは テキストダウンロード ボタンからダウンロードいただけます。
説明文の下の動画のサムネイルをクリックして視聴してください。

「税務調査の概要と最近の傾向」
講師  税理士 菅原英雄
収録日時  2021年9月3日

◆収録内容・チャプター

1.国税庁報道発表資料からみる税務調査の最近の傾向(20:12)
2.法人に対する税務調査の最近の傾向(17:02)
3.どのような会社が調査されやすいのか(11:12)
4.税務調査はどのように進められるのか(13:25)
5.なぜ課税庁の職員は調査できるのか(質問検査権)(9:48)
6.修正申告と更生処分(4:00)
7.過少申告加算税と重加算税(24:12)
8.要求される資料の内容(12:08)
9.質問応答記録書について(8:03)
10.不服申立て及び訴訟(2:39)

 

◆講師紹介

税理士 菅原英雄

 東京国税局調査第二部調査官をはじめ、国税庁調査課係長(移転価格税制担当)、東京国税局調査第一部調査審理課総括主査、同局調査第一部特別国税調査官付総括主査などを歴任後、平成19年税理士登録。現在、企業顧問・社外監査役をするかたわら、講演活動・執筆活動でも活躍。中央大学講師。税務会計研究学会会員。
 主な著書に「イチからはじめる法人税実務の基礎」「きちんとわかる移転価格の基礎と実務」(税務経理協会)、「クローズアップ保険税務(生命保険編)」(共著、財経詳報社)、「解説とQ&Aによる合併・分割等の税務」(共著、大蔵財務協会)等。

0